Kyash

Kyashは3月31日、シリーズCラウンドにおいておよそ47億円の資金調達を実施したと発表した。累積資金調達額はおよそ74億円となる。

Kyashは個人向けにはウォレットアプリ「Kyash」と同期して進化した次世代のカード「Kyash Card」を提供。法人向けにはウェブAPIを通じて即座にVisaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供している。

Goodwater Capital

今回の資金調達は、シリーズBラウンドから参画した米国のGoodwater Capitalと、運用資産1兆円規模のベンチャーキャピタルGreenspring Associatesをリード投資家とし、英国のグロースエクイティファンドGreyhound Capital、米国ベンチャーキャピタルAltos Ventures、グローバルベンチャーキャピタルPartech Partners、米国FintechベンチャーキャピタルBroadhaven Ventures、米国ベンチャーキャピタルTekton Venturesなどのそれぞれが運営するファンドとDST GlobalのマネージングパートナーであるRahul Mehta氏を引受先とした第三者割当増資。また、シリーズAラウンドより参画している国内ベンチャーキャピタル ジャフコも引き続き参画している。

今回の調達資金は事業領域の拡大、特にデジタルバンク事業の推進に使用するとしている。


関連記事:
2020年初頭に次世代型カード「Kyash Card」が提供開始