2021年度異能vationプログラム公募開始! | 詳しくはこちら→

Videos

人間はロボットを「好き」になれるのか?

瀬島吉裕氏は関西大学の准教授である。主に視線コミュニケーションを中心に研究を行っている。愛着が湧くほど魅力的な目をしたロボットを作ることは可能なのか?その疑問に答えるために、瀬島氏に直接お話を聞き、研究のきっかけについて伺いました。

SHARE

Meet the InnoUvator

人を惹きつける瞳輝インタフェースの開発

2018年度挑戦者 瀬島 吉裕

人は、感動しているとき、恋しているとき、やる気に満ちているとき、抑えきれない感情が瞳に宿り、輝きを放つ。そして、この輝く瞳に、人は強く惹かれる。このような人間が生得的に持っている生物としての魅力を、現状のコミュニケーションロボットは、瞳として再現できていても、瞳の輝きまでは表現できていない。そこで本プロジェクトでは、抑えきれない感情が宿ったときの眼球における内的運動を効果的に表現する瞳輝(どうこう)インタフェースを開発する。この瞳輝インタフェースをコミュニケーションロボットに導入することで、人を魅了し惹きつけるコミュニケーションをデザインする。
Profile Page

More like this

InnoUvatorsの挑戦紹介動画です。

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Follow us!