Balus and Tokyu Recreation

バルスと東急レクリエーションは3月23日、リアルとバーチャルを融合した事業における提携を発表した。

東急による「東急アクセラレートプログラム2019 Demo Day」において発表。バルスはXR(仮想現実/複合現実/拡張現実)技術を用いてリアルとバーチャルの融合による新しいエンタテインメント体験の提供を目指し、誰でもどこからでも世界中に向けてライブを開催・参加できるライブプラットフォーム「SPWN」を運営している。SPWNでは、チケットや物販、ライブ配信などのアーティストとファンとの接点をワンストップで提供、バーチャルキャラクターの裾野を広げるキャラクター制御技術も開発する。

Balus

東急レクリエーションとの事業提供においては、東急レクリエーションが19カ所で運営するシネマコンプレックス「109シネマズ」てにてバーチャルアーティストのライブを実施。これまで大阪と川崎で実施していたが、名古屋や広島を始めとして順次実施劇場を全国にて拡大する予定。

また、バルスのSPWNを用いたライブビューイング網を共同開発。109シネマズだけでなく全国の劇場を結んだインタラクティブなライブネットワークを拡大・開発する予定。バーチャルアーティストのライブだけでなく、リアルのアーティストのライブビューイングも小規模から大規模まで幅広い規模での開催を可能とするとしている。さらに、東急グループが持つ渋谷などの施設での展開を想定し、XR技術を活用した新しいライブエンターテインメント・コンテンツの企画・製作も共同で実施する。