DROBEは3月13日、プロのスタイリストと同社独自の「スタイリングAI」がユーザーの嗜好や体型、予算に応じた商品(洋服、靴、ファッション雑貨)を協働でスタイリングし、セレクトした商品を定期的に届けるパーソナルスタイリングサービス「DROBE(ドローブ)」の提供を開始した。

DROBEは、女性に特化したパーソナルスタイリングサービス。会員登録時にファッションのテイストや体型・予算などおよそ70問の質問に回答し、顔写真や手持ちの洋服の写真を登録することで、ファッション誌や芸能人のスタイリング、店頭での販売などを経験した同社のスタイリストと独自のスタイリングAIが協働して、ユーザーに応じた商品をスタイリングし、自宅へ届ける。

DROBEのサービスフロー

DROBEのサービスフロー

実際に届く商品のイメージ

実際に届く商品のイメージ

商品に同梱される「スタイリングカルテ」

商品に同梱される「スタイリングカルテ」

スタイリングAIは、スタイリストが行った過去5万回以上にのぼる商品選定のデータをもとにモデルを開発。嗜好や体型などの特徴データ、サイズ・色・柄・素材などの商品データ、購入・返品等の行動履歴データに基づいて、商品とユーザーとのマッチ度を推定し、その結果を参考にして、スタイリストが実際に届ける商品を選定する。

プロフィール入力画面(一部)

プロフィール入力画面(一部)

ユーザーからは届けた商品全てに対し、サイズ・色・柄・シルエット・フィット感・素材・質感・価格等のフィードバックをもらうため、利用回数を重ねるたびにより精度の高い商品提案が行えるとしている。これにより、従来1時間以上かかっていたスタイリングの作業時間を30%以上削減できるという。