visasQ

ビザスクは3月10日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場したと発表した。

ビザスクは、新規事業開発における業界研究やニーズ調査、マーケティング、グローバル進出など、さまざまな課題の解決に対して「スポットコンサル」(=1時間インタビュー)という短時間取引を提唱。個人の知見をマッチングする国内最大級のビジネス知見を中心とするナレッジシェアのプラットフォームを運営。

ビザスクのスポットコンサルはインターネット検索や文献調査では得られない「リアルで鮮度の高い」情報にリーチでき、従来調査に要していた時間やコストを削減。新規事業や研究開発、営業等の情報収集に活用されており、経験者の実名登録による信頼性の高い情報がビジネスの意思決定を促進できるという。事業会社/プロフェッショナルフォーム向けのフルサポート形式のビザスク(「ビザスクInterview」「ビザスクexpert survey」「ビザスクproject」「ビザスクweb展示会」「ビザスク業務委託」)に加え、セルフマッチング形式のスポットコンサルサービス「ビザスクlite」も展開。

第4回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞したほか、経済産業省より「J-Startup企業」に選出されている。

ビザスクでは今後、本上場を機としてさらなるプラットフォームの拡充を進め、「組織、世代、地域を超えて、知見を集めつなぐことで、世界のイノベーションに貢献する」というミッションの実現を目指すとしてる。