RABOは、約1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。引き受け先は、iSGSインベストメントワークス、W ventures、特許業務法人iPLAB StartupsおよびShiftall代表の岩佐琢磨氏。

RABOは、猫の生活をテクノロジーで見守るとうたう首輪「Catlog」を手掛けている。猫の活動データを24時間記録し、バイオロギング解析技術と機械学習を用いた処理によって、運動や睡眠、食事などに行動に分類する。猫の行動を外出先でもスマホで確認でき、外出先でも一緒にいるような感覚を味わえるという。

iSGSインベストメントワークスの五嶋氏は「RABO代表の伊豫さんは、遠隔バイオロギングを大学院で研究した後、リクルートで新規事業の立ち上げ、ヘルスケアスタートアップを経て、猫様のためにRABOを創業されました。伊豫さんの経歴は、Catlogを世に出すために積み上げられてきたとしか思えず、Catlogは伊豫さんにしか成し得ない事業だと思っています。猫の国内飼育頭数は既に犬を超えており、国内猫市場の規模は8000億円に迫るとも言われています。またアメリカや中国でも猫の飼育頭数は犬を上回っています。一方で、飼い主が猫に費やす費用は、犬が年間48万円(約4400ドル)に対し猫は23万円とまだ半分以下でしかなく、猫市場には大きな成長ポテンシャルがあります。伊豫さんを筆頭に『猫ファースト』の尋常ではない熱量をもつRABOチームが、猫市場を大きく発展させ、RABOが世界中の猫様と飼い主に幸せを届け、大きく成長すると確信しています。なお私は犬派です」とコメント。

W venturesの新氏は「”ペットの家族化”という言葉が示す通り、猫を家族の一員として一緒に暮らす飼い主が増えている中で、Catlogは留守中の不安や罪悪感を少しでも軽減させることができる必需品として広く普及が期待できると考え、投資させていただくことにしました。また、猫の活動データと飼い主のエンゲージメントを獲得することで、医療、保険、フードなどの大きな市場につながるプラットフォームになり得る可能性にも大きな魅力を感じました。そしてそれを実現できるのは、猫に対する大きな愛情を持ったチームだからこそだと思います。なお私は猫派でも犬派でもなく中立の立場からご支援させていただきます」と述べている。

iPLAB Startupsの中畑氏は「『すべては、猫のために。』のもとに徹底的に磨き上げられた妥協のないプロダクト、初めてRABOで見せてもらった際に伊豫さんのビジョンを聞き、自分ごとのようにわくわくしました。創業の早い段階から、知財を考えた経営がなされていること、特許庁主催のイベントで『IPはドラクエで例えると、メラゾーマではなく、スクルトやピオリムのようなものだ。成果物をきちんと保護したい』と語っていたことなど、ここまで知財に関心の高い経営者は少ないのではないでしょうか。RABOでは、特許権のみならずさまざまな知的財産権の制度を組み合わせ、プロパティの『跨り』の部分までもしっかりガードしています。世界の猫のためにグローバルで勝ち切れる企業になれると信じております。僕は、猫とは暮らしていませんが、白猫&黒猫のゲームを作っていた某会社の知財部門を創設した経験と知識を生かして全力で支援していきます」と話す。

特許業務法人iPLAB StartupsおよびShiftall代表の岩佐琢磨氏は「バイオロギング×猫テックIoTという最新の分野に果敢にチャレンジする、伊豫さんを中心としたRABOの皆さんとご一緒できることを嬉しく思います。ハードウェアは開発・製造プロセスにおいて、一つのミスが命取りになりかねません。ソフトウェアのようにパッチを当ててなんとかするというわけにいかない部分が多いためです。また、グローバル販売にあたっても輸送や法規、修理など独特のノウハウが求められます。IoT業界の先達として、これらのノウハウ、Tipsを続く新しい世代に伝えることで、日本のハードウェア・スタートアップを応援していきたいと考えています」と語っている。

なお、特許業務法人iPLAB Startupsの中畑氏は知財顧問として各種知的財産戦略の設計、岩佐琢磨氏はハードウェア顧問としてCatlogなど、RABOの展開するハードウェア開発へのアドバイスやグローバル展開などサポートする。