コグニティは、XTech Venturesが運営するXTech1号投資事業有限責任組合、ディップを引き受け先とする第三者割当増資を、シリーズBラウンドとして実施したと発表した。資金調達累計額は5億円(約450万ドル)になる。

今回の資金調達の目的は、営業トークを解析およびフィードバックし、企業の業績向上やボトムアップの実現に貢献するとうたう、サービス「UpSighter(アップ・サイター)」の事業拡大という。

同サービスは、営業トークやロープレの録音データをアップロードするだけで、トーク内容を自動解析。業績上位者とのトーク内容を比較することで、具体的な改善点をAIが提示してくれる。同サービスを導入した企業は営業部門の業績向上や底上げが見込めるとしている。

今回の資金調達によって、業界平均値などとの比較を実現するアルゴリズムを開発し、大企業はもちろん、中小企業や部署単位でも初期開発費用なしで使えるサービスを展開するという。

また、主に地方銀行などを対象にした金融業界向けサービス「UpSighter for Finance(アップ・サイター・フォー・ファイナンス)」や、個人利用もできるプレゼン・ピッチ解析SaaS「UpSighter for プレゼン!」をはじめとしたUpSighterシリーズの拡販、新たなUpSighterシリーズの開発も予定しているとのこと。

XTech Ventures 共同創業者ジェネラルパートナーの西條晋一氏は「膨大な顧客データをAIで分析して営業の効率化や生産性向上に必要なアウトプットが出ても、肝心のトークで属人的な要素に成果が大きく左右されるようでは元も子もありません。私はトークにおいてもAIは積極的に活用すべきで、コグニティのソリューションはこれまで可視化しづらかったトークの生産性向上に大きな可能性を秘めていると思います。河野社長の事業に懸ける情熱と行動力にも期待して投資させていただきました」とコメント。

ディップ 執行役員の進藤圭氏は「営業人員は何を話すのが正解なのでしょうか? 私にはわかりません。でも、そのような方は世界中にいますよね。コグニティのUpSighterはAIが所謂売れる営業人員と、そうでない営業人員のトークを比較して、違いを教えてくれます。実際、ディップでも試してみて、これなら私でも売れるようになる気がしています。人に指摘されるよりも、AIの言うことなら聞けるし。UpSighterをつくるコグニティは河野代表と言語マニアなメンバー、クレバーなAIと人間臭い分析のプロダクトで、このチームなら、河野代表が掲げる『バイアスのない世界』をつくってくれると期待しています」と述べる。