サムライインキュベートアフリカは1月9日、アフリカ大陸のスタートアップに出資・インキュベーションを目的とした「Samurai Africa Fund 2号投資事業組合(アフリカ2号ファンド)」を組成したと発表した。

親会社であるサムライインキュベートは、アフリカ諸国は注力して共に伴走したいエリアと定めている。前提を覆すような産業・サービスを生み出せる可能性が高く、人口増加が予想されるからだという。

また、これまでもアフリカ大陸で活動する創業期スタートアップへの出資・成長支援を進め、現在18社への出資・インキュベーション支援をしている。この活動を推進し、加速するためにアフリカ2号ファンドの組成にいたったとする。

アフリカ2号ファンドの投資対象は、ケニア、南アフリカ、ナイジェリアの3カ国がメイン。投資領域は、金融・保険、物流、医療・ヘルスケア、小売・EC、エネルギー、農業、交通・モビリティー、エンターテインメントと設定した。スタートアップがこれまでの常識を覆すような方法で、人々の生活を支える領域の事業に投資予定とのこと。

投資ラウンドはシード〜シリーズAで、投資金額は500万〜5000万円程度。今後アフリカ2号ファンドは、ファンド総額20億円を目標に、出資者を募集する。

なお、サムライインキュベートアフリカは独立行政法人国際協力機構(JICA)からアフリカ地域における起業促進やスタートアップエコシステム形成に関する調査を受託。調査にもとづいて、JICAにアフリカ起業家支援に関する提言をまとめる予定だ。