フジテレビジョンは、プレティア・テクノロジーズと協業で、人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」とコラボした、AR謎解きゲーム「PSYCHO-PASS サイコパス 渋谷サイコハザード」を開催すると発表した。開催期間は1月21日〜6月30日までを予定しており、12月20日から予約受け付けを開始。体験時間は約120分。価格は平日が2900円、土日祝は3400円。

開発中の画面。実際の画面とは異なる可能性もあるという。

AR謎解きゲームは、スマホのAR(拡張現実)機能を駆使し、実際の街を歩き回りながら謎を解いていく、新しいリアル体験型のイベント。「PSYCHO-PASS サイコパス」の舞台は渋谷で、TVアニメシリーズ第1期のキャラクターと協力し、自分の手でストーリーを進行させる「主人公体験」を楽しめるとのこと。

開発中の画面。実際の画面とは異なる可能性もあるとしている。

ストーリーは次の通り。211X年、シビュラシステム(Sibyl System)運用下にある東京のS区でガス兵器による事件が発生したとの情報が入った。公安局刑事課一係に配属された監視官候補生(プレイヤー)は、狡噛慎也・常守朱とともに犯行現場へ向かう。謎を解き明かし、隠された真実を知ったとき、監視官候補生の下す「正義」とは……。

「PSYCHO-PASS サイコパス」は、2012年にスタートしたオリジナルテレビアニメーション作品。2014年にはテレビシリーズ第2期「PSYCHO-PASS サイコパス 2」、2019年にはテレビシリーズ第3期「PSYCHO-PASS サイコパス 3」を放送。そのほか、2015年には「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」、2019年には「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」として劇場三部作を公開した。2020年春には「PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR」を公開予定。

©サイコパス製作委員会