Kyashは、2020年初頭に次世代型とうたうカード「Kyash Card」の提供開始すると発表した。

Kyash Cardは、「お金を動かすこと(決済や送金など)」や「お金の動きを確認すること(履歴・明細など)」にかかる手間や時間、場所などの制約からユーザーを解放し、それぞれのライフスタイルにあった、お金の使いかたを実現するとうたうVisaカード。

スマホアプリと同期することで、サインレスでスムーズな支払いや、リアルタイムの利用履歴の反映などを実現。スマホ上でカードロックをしたり、割り勘や送金をしたりもできる。ICチップを搭載しており、Visaタッチ決済も可能。利用限度額はユーザー自身が設定可能で、利用場所を「オン/オフ設定」でカスタマイズ(海外での利用も可能)できる。

カラーはネイビー、シルバー、ピンクの3色を用意。カード番号やカード名義などを裏面に配置し、幅広いユーザー層が所有できるシンプルなデザインを実現したという。ICチップや非接触決済機能を搭載したVisaカードとして、表側にカード番号がないプリペイドカードは日本初とのこと。

ICチップ(4桁暗証番号)、Google Pay(QUICPay)に対応。1回あたりの決済上限は30万円。月あたりの決済上限は100万円。ポイント還元率は1%。還元対象決済上限は12万円。発行手数料は900円。年会費は無料。本人確認書類は必要。

Kyashは、「価値移動」のサービスやインフラを開発および提供するテクノロジー・カンパニー。同社は今後も、スムーズで心地いい決済体験ができる機能を拡充し、「チャレンジャーバンク」として、モバイルファーストかつ、より良い体験を生むバンキング・サービスの礎を築いていくと意気込む。