Gardiaは、フリークアウト・ホールディングスがGardiaの発行済み株式の90%を、伊藤忠商事に譲渡することに関して、フリークアウト・ホールディングスと伊藤忠商事が合意したと発表。Gardiaの親会社は伊藤忠商事になる。

Gardiaは、「FinTech(金融×IT)」や「RetailTech(小売り×IT)」などの事業者が抱える、さまざまなリスクをテクノロジーベースで定義し、事業者が抱える個人向けの信用リスク保証事業を展開。飲食店や宿泊施設における「予約の無断キャンセル」に対するリスク保証や、サブスクリプション型サービス提供事業者へのリスク保証サービスなどで知られている。

Gardiaは、設立2期目には売上高10億円超を記録。今後、同社を成長させるためには「リスク保証サービスを、前後から支えるプラットフォーマーおよび損害保険会社との連携をよって、強固にすること」「後払い決済サービスの基盤になる豊富な資金力」「グローバル展開におけるネットワーク」が不可欠と考えているという。伊藤忠商事はグローバルで広範な事業活動を展開しており、いずれの点も満たしているとのこと。

フリークアウト・ホールディングスが2018年12月17日付で伊藤忠商事と資本業務提携を実現させたことを機会に、Gardiaは伊藤忠商事とすでに信頼関係を築いており、「マーケットイン」型ビジネスの協業も進んでいるとした。