Cronoは、奨学金返済を肩代わりしてくれる企業の求人を紹介する、日本初とうたうサービス「Crono Job」をオープンした。

同サービスに掲載された企業に入社が決まると、求職者は自身が借り入れ中の奨学金の返済資金を企業に支援してもらえる。登録対象者は、貸与型奨学金・民間教育ローンを利用中の人。学生・就活生(新卒)・社会人(中途)問わず、利用できる。奨学金返済は、求人により異なる。入社時にCronoが一時金を負担した後、勤続年数や評価に応じて段階的に返済予定という。

日本では、大学生の奨学金による貧困が大きな社会問題になっている。現在、大学生の半数以上が、貸与型奨学金を受給しており、奨学金返還者は約410万人も存在する。日本学生支援機構の調査では、奨学金の返済苦による自己破産者は、過去5年間で1万5000人。奨学金の返済負担が留学などのスキルアップを諦めるなど、学生のキャリアの選択を狭めているとされる。

世界的に見ても、日本は教育支出における家庭の負担割合が高く、5割を超えている。家庭の事情で進学を諦めるなどの不平等も起きているとした。

企業は同サービスを使うことで、CSR活動と採用活動を両立。長期勤続かつ、高パフォーマンスが期待できる人材を採用できるという。求職者は自分に合ったキャリアを選択し、奨学金返済の負担を軽減できるとのこと。

すでに、同サービスには企業10社以上の参画が決まっている。2019年度中に参画企業100社、登録者求職者1000人を目指すとしている。

代表取締役 高瀛龍(コウインロン)、取締役 荒木隆義(アラキタカヨシ)