roundz

ラウンズは11月17日、シードラウンドにて総額5000万円の第三者割当増資を実施したと発表した。XTech Ventures、KVP、日本スタートアップ支援1号ファンドを引受先とする。

同社はテレワーク用バーチャルオフィスツール「roundz」を提供。roundzはリアルタイムで同僚と繋がり、すぐに話せる環境を構築する声のバーチャルオフィス。テレワークが進むなかでウェブ会議が普及しているが、オフィスの「ちょっとした会話」がチームコミュニケーションにとって重要だとして、気軽に話しかけることができる環境を提供。

あえてカメラを利用せずプライバシーに配慮したり、カレンダーの予定から相手のステータスを自動で表示。発信という手間のない軽快なボイスチャット機能によってチームでの会話を促進する。

調達した資金は、roundzのサービス強化のための機能開発、人材採用などに充てる予定としている。