アストロスケールホールディングス

アストロスケールホールディングスは10月13日、シリーズEの追加調達としておよそ55億円の調達を行なったと発表した。

リードインベスターのASエースタート1号投資事業有限責任組合(エースタート)が運用するファンドをはじめ、5月発表のアイネットに加えて清水建設、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーが運営する宇宙フロンティアファンドのヒューリックからの第三者割当増資。累計総額はおよそ210億円となる。

アストロスケールは、宇宙機の安全航行の確保を目指して次世代へ持続可能な軌道を継承するため、スペースデブリ(宇宙ごみ)除去サービスの開発に取り組む世界初の民間企業。2013年の創業以来、およそ1年半ごとに資金調達を達成し、現在5カ国でおよそ140名を擁するグローバル企業に成長している。英国では、軌道上でのサービス業務を行なうミッションの運用基盤として、最先端の国立軌道上サービス管制センターをオックスフォードシャー州ハーウェルに構え、今年度打ち上げを予定している大型デブリ除去実証衛星機「ELSA-d」の運用に向け準備を進めているという。

また、2019年に開設した米国拠点では、デブリ問題に事業開発や法規制の面から取り組み、各業界リーダーや政策立案者と密なコミュニケーションを進めているほか、6月には子会社のイスラエル拠点を設けて衛星寿命サービス技術の発展を担っている。