UUUO

ウーオは9月11日、産地市場のセリに並ぶ鮮魚をアプリで発注できるプラットフォーム「UUUO(ウーオ)」をリリースした。

同社は日本の水産業にとって新たな流通を作ることを目指しているベンチャー企業。今回のサービスのリリースに先駆け、ウーオは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトファンドなどが運営するファンドおよび複数の事業会社などを引受先とした第三者割当増資(シリーズA)を実施している。

UUUOでは、消費地市場の水産業者および鮮魚バイヤーが遠隔から当日産地の漁港に水揚げされた魚の写真・水揚げ量・サイズごとの相場をリアルタイムで確認可能。さらに、消費地市場の水産業者および鮮魚バイヤーはリクエスト機能を活用し、自ら希望条件を入力することで産地の仲卸業者に対して直接買い付け要望を出すことが可能になる。

UUUO

提携港

ウーオが買付の権利(買参権)を保有する鳥取港、網代港、および全国の提携産地で水揚げされた鮮魚およそ60種以上に対応。各産地から鮮魚・活魚の出荷が可能。今後は100港以上の提携産地から直接アプリで買付けられるように開発を進めるとしている。