LINE Blockchain Developers

LVCとLINE TECH PLUSは8月26日、ブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」と、デジタルアセット管理ウォレット「BITMAX Wallet」の提供を開始したと発表。

LINE Blockchain Developersは、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤に、ブロックチェーンサービスを簡単かつ効率的に構築できるという開発プラットフォーム。既存のサービスにブロックチェーン技術を導入でき、独自のトークンエコノミーを構築することも可能。

企業は、本プラットフォームの主な機能を活用することで、独自トークンの発行、キャラクターやアイテムおよび通貨などゲーム内資産のトークン化、取引履歴の透明性、データの収益化などを実現できるとうたう。開発環境は、LINEの開発者向けポータルサイト「LINE Developers」を通じたウェブベースの開発者用コンソール。

また、LINE Blockchain Developersで開発したサービス内のトークンやアイテムのトランザクションは、「LINE Blockchain Explorer」で確認できる。

BITMAX Walletは、デジタルアセットを管理するブロックチェーンウォレット。ブロックチェーンサービス内のトークンやアイテムなどのデジタルアセットをまとめて管理可能で、ユーザーはひとつのウォレットでさまざまなブロックチェーンサービスを利用できるようになるとのこと。

BITMAX Wallet

従来のブロックチェーンウォレットは、作成のプロセスが煩雑で管理にも手間がかかり、ブロックチェーンサービス自体の普及が進まない要因のひとつでもあったという。BITMAX Walletは、LINE IDさえ持っていればすぐに作成できるほか、LINE IDにも紐づくため、LINEの友だちと手軽にデジタルアセットを送り合ったり交換したりできる。