SenSprout

SenSproutは7月29日、第三者割当増資を実施し、資金調達を完了したと発表。引受先は、JMTCキャピタル、GMO VenturePartners、FGN ABBALab、柴田商事、Yosemite、REGAIN GROUP、富島寛氏。

SenSproutはこれまで、農業用の土壌水分センサー、灌水制御システム、高機能ビニールハウスソリューションなどを提供してきた。そのなかでも、農業用の土壌水分センサー「SenSprout Pro センサーシステム」と遠隔自動灌水システムを組み合わせた「SenSprout Pro 灌水制御システム」は、大和証券グループや、果実堂、JA福岡大城アスパラガス部会など、さまざまな企業や農家に導入されている。

SenSprout Pro 灌水制御システムは、圃場に行くことなく遠隔地からスマホやPCを使って灌水予約はもちろん、灌水の記録や管理も可能なシステム。

実際に導入したアスパラガス農家では、毎日2回圃場へ行っていたのが2日に1回となり、月約60時間かかっていた灌水作業を月数分に削減できたという。ビニールハウスから離れた場所にいてもビニールハウス内の土中の温度や水分超を確認できること、灌水タイマーをセットしておけば自動で灌水できることが好評だったとのこと。

今回の資金調達は、土壌水分センサーを使って解析した土壌水分の値に基づいて、灌水アルゴリズムが自動的に灌水制御装置へ予約を登録する機能の開発、販売を目的にしたもの。これにより、さらなる生産性の増大と、農業生産コストの低減、事業の拡大が可能だとしている。

また、SenSproutは農業分野における業務のデジタル化にも取り組んでおり、複数のDXプロジェクトの立ち上げを進めている。こちらのプロジェクトにも資金を活用する予定とのこと。