インテグリカルチャーは7月20日、シンガポールのShiok Meatsと共同で、エビ細胞培養肉の共同研究を開始したと発表した。

インテグリカルチャーは、汎用大規模細胞培養システム「CulNet System」を用いた有用成分、化粧品、食品、細胞培養肉の研究開発を進めている。これまで、食品グレード培養液とCulNet Systemは、牛と家禽の細胞で有効性が確認されている。共同研究では、これらを甲殻類の細胞にも拡張、長期的にはエビの細胞培養肉を安価で大規模に製造することを目指す。

細胞培養肉の原料である培養液は、タンパク質、糖質、脂肪、ビタミン、ミネラル、血清成分からなり、とくに血清成分の低価格化が培養肉の実用化において鍵となる。エビ細胞培養肉研究では、CulNet Systemの技術をベースとして血清成分を添加せず大量培養する技術を開発。

Shiokは幹細胞の研究者であるDr. Sandhya SriramとDr. Ka Yi Lingが共同で設立したシンガポール・東南アジア域では初の細胞農業企業。培養技術を活用して製造した培養エビ肉を2022年頃商品化することを目指しているという。