アンドパッド

アンドパッドは7月20日、およそ40億円の第三者割当増資を実施いたと発表した。グロービス・キャピタル・パートナーズをリード投資家とし、DNX VenturesやSalesforce Ventures、BEENEXTの既存投資家を引受先とする。

アンドパッドは現場の効率化から経営改善まで一元管理できるクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を提供。2016年のサービスリリース以来、直感的で使いやすさにこだわった開発と導入・活用への徹底したサポートで契約社数2000社、利用社数5万社を超えている。国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)にも登録され、14万人以上の建設・建築関係者が利用しているクラウド型建設プロジェクト管理サービスとなっている。

今回の第三者割当増資に加え、今後2020年9月を目処に総額およそ60億円(今回の調達額を含む)の資金調達を完了する予定。調達した資金はプロダクト開発体制の増強による顧客体験の向上や、R&Dとして業界全体のDX化に貢献するテクノロジーを追求し、社会実装の検証を進めるとしている。

アンドパッド

同社では今後、ANDPADと併用できるサービスとして、ERPや原価管理パッケージ、見積作成、B2Cマッチング、瑕疵保険、教育サービスと連携。さらに、電子契約、営業管理、マーケティングツール、IoT、産業用ドローンなどとの連携も計画している。