プロアシスト

プロアシストは7月1日、ドライバー向けの位置情報サービスと居眠りモニタリング装置を連携させたドライバー・管理者向けのクラウドサービスを開始した。

位置情報サービス「ロケ探」は、対応携帯端末とインターネット接続パソコンだけで始められる位置把握ツール。業務利用に特化しており、各種の業務で利用されている。

プロアシスト

居眠りウォッチャー「ひとみちゃんmini」は、車内に取り付けて赤外線対応CMOSセンサーを使って運転者を監視、運転中の居眠りとわき見運転をリアルタイムで感知して警告を発する装置。

2つのサービスを連携させることにより、居眠りまたはわき見を感知した際に携帯端末へ感知情報を送信、携帯端末からロケ探の管理者へと場所や日時を送信。ロケ探へ送信したデータは、過去3カ月分保持されてCSVでの出力も可能。管理者は収集した情報を安全運転や事故防止対策に活用できる。