Craif

Icariaは6月17日、シリーズAの資金調達を発表した。米ベンチャーキャピタルファンドFounders FundのスカウトファンドであるFF APAC Scoutほか、本邦大手企業1社、米国投資ファンド1社からの資金調達。また、同時に社名をCraifに変更した。

Craif(旧Icaria)は名古屋大学発のベンチャー企業。尿からエクソソームを捕捉し、AI(人工知能)を組み合わせて医療に応用することでエクソソームバイオマーカープラットフォームを構築。

エクソソームには核酸やタンパク質などさまざまな生体分子が含まれており、バイオマーカーとして注目されている。同社が開発中のデバイスを用いることでエクソソームを高効率に抽出でき、疾患の発症や悪性化に深く関与しているmiRNAを1300種類以上検出し、その発現パターンを機械学習で解析することによって高精度でがんを検出することにが可能。同社では、わずか1滴の尿から高精度でがんを早期発見する検査や、ひとり一人に最適な治療の選択が可能となる検査の開発を目指している。

新社名のCraif(クライフ)は、 日本の文化の中で長寿の象徴とされている鶴(Crane:クレーン)と、人生を意味する(Life:ライフ)の掛け合わせたもの。今回の資金調達により、同社では独自デバイスのさらなる開発や臨床研究の推進に取り組むとしている。