Elix

ディープラーニングに特化したテクノロジー企業Elixは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として、カメラ映像をリアルタイムで解析し、カメラに映る人物の数や位置を検知することで、群衆人数や人物同士の密集度合の計測をできるAIソリューションを開発したと発表。6月4日から、導入を希望する法人、自治体などを対象に、ソリューションの試験提供を開始した。

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を抑止する対策の1つとして、3密(密閉、密集、密接)の回避など、ソーシャルディスタンシングの確保が求められている。

本ソリューションは、同社が持つコンピュータービジョン(画像認識)の知見を活かし、開発したもの。カメラ映像内の人物の数や位置情報を把握することで、群衆の検知や、人物同士の密集度の推定をリアルタイムで実現する。必要に応じて、マスク有無の検知など、導入企業が望む仕様に機能を追加することも可能。

ショッピングモールなどの商業施設やイベント会場・公共施設、オフィスビルや工場などのワークスペース内など、人が多く集まり、密集が起こりやすい場での活用を主に想定しているという。

同社は、ディープラーニングに特化したテクノロジー企業として、大手企業のR&D部門を主なクライアントに持ち、コンサルティング、モデル開発・改良、モデルのライセンス提供までをサポート。現在は、コンピュータービジョン(画像認識)とAI創薬/マテリアルズ・インフォマティクスを主力領域としている。とくに、創業時から注力するコンピュータービジョン(画像認識)領域では、ディープラーニングを用いた自動運転・ADAS向けのモデル開発など、数多くの実績を持っているという。