ナレッジ・マーチャントワークス

ナレッジ・マーチャントワークスは5月22日、総額7.6億円の資金調達を実施したと発表した。シリーズBラウンドによる第三者割当増資で、既存投資家であるGMO VenturePartnersに加え、新たに三井不動産設立のCVCファンド「31VENTURES Global Innovation Fund 1号」などを引受先とする。これにより、同社の累積資金調達総額はおよそ10.3億円となった。

ナレッジ・マーチャントワークスは、店舗マネジメントツール「はたLuck」を軸として小売・飲食・サービス業の生産性向上を支援するリテールテック領域のスタートアップ企業。「シフトワーカーエクスペリエンス(アルバイトスタッフの仕事の体験価値)の向上」をミッションに掲げており、はたLuckは店舗内の情報共有や教育・評価、シフト管理などを搭載している。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、店舗サービス業は変化を余儀なくされており、生産性の向上はこれまでにも増して必要となっている。ナレッジ・マーチャントワークスでは、今回の資金調達をさらなる店舗サービス業の経営改革ソリューションの開発に投資するという。

具体的には、はたLuckアプリから取得できる店舗内のコミュニケーション・マネジメントデータだけでなく、顧客の購買プロセス、売り場づくり、販売方法などあらゆる情報をデータ化し、連動・分析できるようなデータベースプラットフォームを構築。各店舗の改善点を可視化・数値化し、定量的判断から店舗運営における戦略立案・実行が可能な店舗サービス業界向けの統合的なDXソリューションとして提供できることを目指すとしている。