LUUP

Luupは5月25日、小型電動アシスト自転車によるシェアサイクルサービス「LUUP」を都内6エリアで提供開始した。

これは、どこからでも乗れて好きな場所に返すことができるシェアリングサービス。同社ではこれまで電動キックボードの文脈での取り組んできたが、「新しい機体の実証」と「短距離移動のための新しいシェアサービスの実証」として小型の電動アシスト自転車のシェアを開始。将来的にはさまざまな電動マイクロモビリティーを導入予定としている。

小型電動アシスト自転車を用いることから、LUUPモビリティーを借りたり返したりすることができる場所(ポート)は、自販機1台分のスペースにも設置でき、飲食店や駐車場などの空きスペースを活用する。現在のところ、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアで展開。サービス開始時点ではポートは57カ所、モビリティーは50台を用意する。

LUUP

iOSアプリから利用し(Andoroid版は順次予定)、料金は初乗り100円/10分(10分以降は1分あたり15円がかかる)。また、1日(6時間まで/12時間まで)パックや週額パック、月額パックも用意。