歯並び撮影アプリ

Oh my teethは4月30日、ユーザー向けにAI搭載「歯並び撮影アプリ」をリリースした。オンライン歯科矯正における課題だった自分のマウスピース装着写真を簡単かつ高精度に撮影できるという。

Oh my teethはマウスピースの製造・販売・企画を展開しているマウスピース矯正のD2Cサービス。AIによる歯列画像解析や、矯正情報のデータベース化、チャットボット活用など最新テクノロジーを活用することで中間コストと通院回数を減らし安価に歯科矯正が可能という。

オンラインだけで高品質な歯科矯正を実現するため、マウスピースの交換タイミングには、ユーザーが自分のマウスピース装着写真を撮影しLINEで提出してもらうことでドクターや歯科衛生士らによる各ステップの卒業判定している。しかし、規格通りのマウスピース装着写真の撮影は難易度が高く、提出される写真のうちおよそ30%が手ブレや角度の違いによって卒業判定ができないことなどが課題となっていた。

歯並び撮影アプリ

新たにAIを搭載した専用の歯並び撮影アプリを独自開発し、手ブレ検知や歯の位置を特定することで誰でも簡単に規格通りの高精度な撮影が可能となったとしている。同社では今後もテクノロジーを活用して「自宅での歯科矯正体験」のさらなる向上を目指すとしている。

アプリはiOS版(Android版は今後リリース予定)。