Resilyは2月20日、DNX Venturesおよびセールスフォース・ドットコムを引受先とする第三者割当増資によって総額およそ5億円の資金調達を実施したことを発表した。

ResilyはSaaS型OKRマネジメントツール「Resily(リシリー)」の開発および販売、OKR導入支援サービスの提供を行なっている。OKRとはObjective & Key Resultsの略で、野心的な目標・ゴールと、そこに到達するために必要な結果を設定し、企業を飛躍的な成長に導く目標設定・運用手法のことだ。

Resilyは2017年8月の創業時よりOKRにいち早く着目。事業ビジョンの達成に近づくための質の高い振り返りと目標設定を仕組化して、目標達成をサポートするOKRを軸とした目標管理ツールとしてのサービスであるResilyを提供。

会社の事業方針と各部の目標設定の関連を可視化できるほか、事業方針に対しての各部署、各メンバーの戦略や実行プラン、タスクも可視化。誰がどのような戦略を持って事業の成果に向かっているのかを社員全員で把握できる目標管理ツールという。

今回の資金調達により、OKRサービスであるResilyの技術開発、および販売体制の強化、カスタマーサクセスの強化を行なうとしている。